講談社+α新書
日本の名河川を歩く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062722049
  • NDC分類 517.21
  • Cコード C0276

内容説明

日本の川を歩きつくし、守ってきた第一人者が、使命感に燃えて名河川を紹介。天然アユの溯上、水質、川漁、カヌー、魚の味等10項目、総得点制で厳正採点。

目次

序章 「天然アユがのぼる100名川」選定理由
第1章 名河川私的セレクション“ベスト10”(高津川(島根県)
小国川(山形県) ほか)
第2章 日本縦断名河川二〇選(歴舟川(北海道)
赤石川(青森県) ほか)
第3章 なぜ、長良川は選ばれなかったのか(長良川はどうする?;日本一の“群上鮎” ほか)
第4章 秘川&湧水一〇選(秘川・猿留川(北海道)
秘川・真瀬川(秋田県) ほか)
第5章 川漁師のいる風景(那珂川(栃木県)―川漁師・青木泉さん
仁淀川(高知県)―川漁師・宮崎弥太郎さん ほか)

著者紹介

天野礼子[アマノレイコ]
1953年、京都府に生まれる。同志社大学文学部を卒業。アウトドアライター。19歳より釣りに魅かれ、国内外の川、湖、海を歩く。1988年より最後の自然河川、長良川を守る運動のリーダーとなり、“日本の川のジャンヌ・ダルク”と称される。「公共事業チェックを求めるNGOの会」代表、「脱ダムネット・ジャパン」代表