講談社+α新書<br> 介護保険 不幸のカラクリ

  • ポイントキャンペーン

講談社+α新書
介護保険 不幸のカラクリ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062720717
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0295

内容説明

体験してわかった!あきれた矛盾とデタラメ。スタートして1年、みんなが幸せになれるはずなのに、逆に不幸にしてしまった介護保険。お役人が作ったこの血の通わない制度の問題点をユーモラスに解き明かす。

目次

第1章 子が親の介護をするのは当然か
第2章 こんなにある介護保険の矛盾
第3章 ケアマネジャーも泣いている
第4章 貧乏人はサービスが受けられない
第5章 明確な基準のなさが生む不公平
第6章 言いたくないけど、ドイツでは
第7章 役人が制度をますます悪くする
第8章 老人と家族を不幸にするシステム
第9章 追記:自治体のバラツキも問題だ

著者等紹介

門野晴子[カドノハルコ]
1937年、東京都に生まれる。ノンフィクション作家。1982年にわが子の受験戦争を描いた『わが家の思春記』(現代書館)を発表。以後、教育問題の著作に携わる。また最近では、自身の体験をもとに老人介護、老人福祉の分野でも旺盛な執筆活動を行っている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。