講談社ニューハードカバー
やっかいな「女」を味方につける心理技術―女が怖くて会社に行けるか!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062641609
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0095

内容説明

男はセクハラの恐怖に怯え、女は無神経な男に泣かされる。なぜ職場で「男」と「女」はいがみあう?日本で希有な男性・女性心理学の専門家が、現役OLに徹底取材。じつは、ごくありふれた会話の中に男女の深層心理の秘密が隠されていた!女性の部下、同僚、上司が増える今、異性と上手につき合うことは、できるビジネスマンの最低条件。好感度アップ、意欲増進間違いなしの、異性の話を「聞く」テクニック。

目次

第1部 女ごころを掴む―基本編(男は「情報」を語る、女は「心」を語る;男の「決めつけ」が諸悪の根源;女性の「ことばの裏」を読め)
第2部 女ごころを操る―実践編(女性を動かしたければ、まずほめよ;女性の意欲をそぐ「ダメ、ダメ」男;あなたの一言が女性の力をのばす;「アフター5」の会話術)

著者等紹介

伊東明[イトウアキラ]
心理学者(博士)。早稲田大学卒業後、NTT(株)勤務を経て、慶応義塾大学大学院修了。現在、東京心理コンサルティング代表取締役社長および(株)ウィル・シード顧問。日本国内では数少ない、「男性・女性心理学」(Psychology of Gender)の専門家であると同時に、「理論と実践」のビジネス心理学にも力を注ぎ、積極的な活動を展開している。著書に『心理戦で絶対負けない本』(共著、アスペクト)、『女にいらだつ男 男にあきれる女』(扶桑社)、『「聞く技術」が人を動かす』(光文社)、『心理戦の勝者』(共著、講談社)などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。