講談社選書メチエ<br> 三つの革命―ドゥルーズ=ガタリの政治哲学

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

講談社選書メチエ
三つの革命―ドゥルーズ=ガタリの政治哲学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月19日 15時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062586672
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C0331

内容説明

『アンチ・オイディプス』(一九七二年)、『千のプラトー』(一九八〇年)、そして『哲学とは何か』(一九九一年)。哲学者ジル・ドゥルーズは、人々を震撼せしめた『差異と反復』と『意味の論理学』を経て、なぜ精神科医フェリックス・ガタリとの共同作業に取り組んだのか?ドゥルーズ=ガタリ名義で書かれた三部作に通底するテーマを精緻な分析と大胆な読解によって明らかにする。今こそ読み返すべき20世紀の古典!

目次

序論 三つの革命
第1部 『アンチ・オイディプス』(切断と主体集団の形成;プロレタリアによる階級闘争;分裂分析と新たな主観性/主体性の生産―ガタリ『アンチ・オイディプス草稿』)
第2部 『千のプラトー』(リゾームと横断性;マイノリティによる公理闘争;エイハブの恥辱か、フェダラーの勇気か―ドゥルーズとフーコー)
第3部 『哲学とは何か』(マジョリティによる政治哲学;革命、熱狂、概念―フーコー「啓蒙とは何か」を読むドゥルーズ=ガタリ)
結論 分裂分析と私たち

著者等紹介

佐藤嘉幸[サトウヨシユキ]
1971年、京都府生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)取得。パリ第一〇大学大学院認識・文化研究科哲学専攻修了。博士(哲学)取得。現在、筑波大学人文社会科学研究科准教授。専門は、フランス現代思想、権力理論

廣瀬純[ヒロセジュン]
1971年、東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科芸術学専攻修士課程修了。パリ第三大学映画視聴覚研究科博士課程中退。現在、龍谷大学経営学部教授。専門は、映画論、現代思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ドゥルーズ=ガタリの主要三著作は、ただ一つの革命戦略を実現するための三つの戦術を提起している。前人未到の画期的論考!20世紀を代表する哲学者ジル・ドゥルーズ(1925-95年)は、『差異と反復』(1968年)と『意味の論理学』(1969年)という前代未聞の著作を公刊したあと、精神科医であるフェリックス・ガタリ(1930-92年)との協同作業に挑んだ。その成果は『アンチ・オイディプス』(1972年)と『千のプラトー』(1980年)という世間を驚愕させる著作を生み出す。その後、単独での執筆に戻り、映画を扱った全2冊の『シネマ』(1983年、1985年)、ライプニッツ論である『襞』(1988年)を発表したドゥルーズが最晩年になって、もう一度、ガタリとの共著を世に問うた。それが『哲学とは何か』(1991年)である。
とりわけ『アンチ・オイディプス』は日本でも多くの読者を獲得し、雑誌の特集号や入門書も続々出版されてブームを巻き起こした。そうして「スキゾ」、「リゾーム」、「器官なき身体」といったキーワードが人口に膾炙するようになって、すでに久しい。だが、ドゥルーズ=ガタリが残した三つの著作を一貫した視座から読む、ということは今に至るまでなされていない。本書は、この前人未到の課題に挑むべく、気鋭の研究者が執筆したものである。
三冊を貫くただ一つの課題とは何だったのか?──それが「革命」にほかならない。資本主義を打倒すること。その目標のために、その時々の情勢に応じた戦術を提示すること。つまり、ドゥルーズ=ガタリはただ一つの革命「戦略」を実現するために、三つの革命「戦術」を示した。それは今日の情勢、とりわけ2011年以降の日本の情勢の下でも有効性をもちうるのか? 精緻なテクスト読解を経た本書は、このきわめて今日的な課題を試みる。
21世紀を生き抜くために不可欠な思考が、ここにある。

 序 論 三つの革命
1 一つの戦略、三つの戦術
2 ドゥルーズとドゥルーズ=ガタリ
3 各章の構成
第一部 『アンチ・オイディプス』
 第一章 切断と主体集団の形成
1 欲望諸機械と欲望的生産
2 オイディプス化と欲望的生産の抑圧
3 切断とその切断
 第二章 プロレタリアによる階級闘争
1 六八年五月からロシア革命へ
2 利害から欲望へ
3 切断の切断、その二つの体制
4 なぜ欲望なのか
5 プロレタリアートから分裂者へ
 補論 分裂分析と新たな主観性/主体性の生産
1 ラカン的「構造」から「欲望機械」へ
2 分裂分析とは何か
3 第二次分節から第三次分節へ
4 分裂分析と革命的切断
5 新たな集団的主観性/主体性の生産
第二部 『千のプラトー』
 第一章 リゾームと横断性
1 リゾームとは何か
2 『千のプラトー』の権力理論
3 資本、国家、戦争機械
 第二章 マイノリティによる公理闘争
1 プロレタリアートからマイノリティへ
2 公理闘争から生成変化へ
3 生成変化とは何か
4 実践としての分裂分析
5 万人による革命性への生成変化
 補論 エイハブの恥辱か、フェダラーの勇気か
1 逃走線と自由
2 勇気か、恥辱か
3 外を内へと折り畳むこと、あるいは主体化
4 周縁者の危険
第三部 『哲学とは何か』
 第一章 マジョリティによる政治哲学
1 マジョリティであることの恥辱
2 人権、NGO、ハイデガー問題
3 大地、革命、哲学
4 NGOからプラトン的演劇へ
 第二章 革命、熱狂、概念
1 「革命とは何か」
2 六八年五月と「耐え難いもの」
3 「近代性とは何か」
 結 論 分裂分析と私たち
1 分裂分析としての政治哲学
2 今日の日本における三つの戦線
3 プレカリアートによる階級闘争
4 市民による反ファシズム闘争
5 福島住民/琉球民族による人権闘争
6 絶望と政治哲学


佐藤 嘉幸[サトウ ヨシユキ]
著・文・その他

廣瀬 純[ヒロセ ジュン]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件