講談社選書メチエ<br> フィリピンBC級戦犯裁判

個数:
電子版価格 ¥1,782
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
フィリピンBC級戦犯裁判

  • 永井 均【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 講談社(2013/04発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 36pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 14時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585514
  • NDC分類 329.67

内容説明

独立国家として歩み出したフィリピン政府は、戦後の国際状況と対日関係、そして激しい国民の怒りを面に、この裁きに、どのような意義を見出し、困難に直面したか。一五一名の被告は、いかにして裁かれ、獄中を過ごし、そして処刑、恩赦に至ったか。日比両国の数多くの資料と当事者たちの証言を丹念に検証し、これまで様々に語られてきた戦犯裁判という問題に、実証の光を当てる試み。

目次

第1章 フィリピン人の対日感情―一九四五年の原風景(暴力と喪失;フィリピン人の怒り)
第2章 独立国家としての挑戦―フィリピンの対日戦犯裁判(フィリピンの戦犯政策;反日感情渦巻く中で;裁判の展開と政策的意味)
第3章 モンテンルパの時代―関係性の修復に向けた模索(服役生活の始まり;フィリピン当局の態度;死刑執行;日本人先般を支えた人々)
第4章 恩赦―「怒り」と「赦し」の狭間で(冷戦と反日感情の交錯;一九五三年六月、恩赦決定のクロニクル;モンテンルパからの帰国、その後)

著者紹介

永井均[ナガイヒトシ]
1965年生まれ。立教大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学。博士(文学)。現在、広島市立大学広島平和研究所准教授。専攻は日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

マニラの惨劇と戦犯達の苦悩、そして裁判と恩赦をめぐる、語られざる現代史。「BC級戦犯」の歴史にあらたな光を当てる実証研究。

マニラの惨劇と戦犯達の苦悩、そして裁判と恩赦をめぐる、語られざる現代史。「BC級戦犯」の歴史にあらたな光を当てる実証研究。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件