講談社選書メチエ<br> 精神分析と自閉症―フロイトからヴィトゲンシュタインへ

電子版価格 ¥1,782
  • 電書あり

講談社選書メチエ
精神分析と自閉症―フロイトからヴィトゲンシュタインへ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585378
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0312

内容説明

永らく精神分析の「躓きの石」であった自閉症。両者の不幸な出会いを、フロイト思想の原点「心理学草案」に戻ることによって解消し、さらにはヴィトゲンシュタインの思考を媒介に、新たな自閉症理論を構築する。

目次

第1章 超自我とマゾヒズムと二人のフロイト―一九二〇年代の課題
第2章 あらかじめ失われた出発点へ帰る―初期フロイトの「心理学草案」
第3章 否定の論理・去勢の論理―二項対立と無限
第4章 自閉症を社会学へと開く―部分と全体
第5章 スペクトラム化したセカイ―ライトノベルと自閉症
第6章 精神分析・隠喩・自閉症―ラカン的視点から
第7章 ヴィトゲンシュタインと嵐の中の歩行者―無意味と無価値
第8章 黄昏の風景から―私にとっての自閉症

著者等紹介

竹中均[タケナカヒトシ]
1958年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科社会学専攻博士後期課程満期退学。現在、早稲田大学文学学術院教授。博士(人間科学)。専攻は比較社会学、理論社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

永らく精神分析の「躓きの石」であった自閉症を、フロイト「心理学草案」とウィトゲンシュタインの思考を媒介に読み解く画期的試み!

フロイト、ウィトゲンシュタイン、自閉症理解の変更を迫る画期的試み!
永らく精神分析の「躓きの石」であった自閉症。両者の不幸な出会いを、フロイト思想の原点「心理学草案」に戻ることによって解消し、さらにはウィトゲンシュタインの思考を媒介に、新たな自閉症理論を構築する。
[本書の内容]
●初期フロイトの「心理学草案」
●部分と全体
●ライトノベルと自閉症 
●ラカン的視点から
●無意味と無価値