• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
瞑想する脳科学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584999
  • NDC分類 491.371

内容説明

瞑想は、喜び、共感、直観、慈悲にかかわる脳の神経回路のネットワークを、かつて想像されたことのないような力強さで、生き生きと活動させる。そうした神経活動の変化は、脳の物理的構造の変化としても、あらわれてくる。人間の心や行動の変容のプロセスが、計測をつうじて、理解される道筋が開かれたのである。脳科学の知見から見通す21世紀の人間の幸福。

目次

第1部 霊性の脳科学(脳の内なる神―脳神経神学と還元主義;変性意識の神経ネットワーク;一人称と三人称の融合へ―禅、シャーマニズム、森の音霊)
第2部 瞑想する脳科学(二一世紀の瞑想の脳科学―自己変容のパラダイム;神経可塑性の問い;慈悲と喜び―情動脳の変容;遺伝子のうえにすわる―ヴィパッサナ瞑想の脳科学;炎の瞑想、微細身、死の光―神経科学の転回)
第3部 生命、身体、機械(BMIと人間改造の論理―能力増強とポストヒューマンの未来;機械の神―ダーウィンとベーコンの悪夢;惑星的思考へ―進化、トランスヒューマン、菩薩)

著者紹介

永沢哲[ナガサワテツ]
1957年、鹿児島県生まれ。東京大学法学部卒。宗教人類学者。専門は、チベット仏教。人間の意識・神経系の可能性を研究。現在、京都文教大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

科学と宗教の未来を見すえ人の「心」に迫る脳科学の最前線を踏査し、その達成を評価。その上で、瞑想など宗教的行為と科学を結びつける可能性を探る。科学と宗教の両面からこれからの人間のありかたを問う