講談社選書メチエ<br> 北条氏と鎌倉幕府

電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり

講談社選書メチエ
北条氏と鎌倉幕府

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584944
  • NDC分類 210.42
  • Cコード C0321

内容説明

北条氏はなぜ将軍にならなかったのか。なぜ鎌倉武士たちはあれほどに抗争を繰り返したのか。執権政治、得宗専制を成立せしめた論理と政治構造とは―。承久の乱を制し、執権への権力集中を成し遂げた義時と、蒙古侵略による危機の中、得宗による独裁体制を築いた時宗。この二人を軸にして、これまでになく明快に鎌倉幕府の政治史を見通す画期的論考。

目次

第1章 北条氏という家(伊豆時代の北条氏武士団;烏帽子親子関係に見る生き残り戦略)
第2章 江間小四郎義時の軌跡―伝説が意味するもの(北条氏庶家江間氏;鎌倉殿家子 ほか)
第3章 相模太郎時宗の自画像―内戦が意味するもの(奇怪な古文書―北条時輔の政治的位置1―嫡庶の順位 ほか)
第4章 辺境の独裁者―四人目の源氏将軍が意味するもの(鎌倉将軍の系譜;氏・姓・苗字 ほか)
第5章 カリスマ去って後

著者紹介

細川重男[ホソカワシゲオ]
1962年、東京都に生まれる。東洋大学大学院文学研究科日本史学専攻修士課程修了、立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。現在、國學院大學・東洋大学非常勤講師、日本史史料研究会企画部。博士(文学・立正大学)。専攻は日本中世政治史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

執権・得宗から鎌倉幕府の権力の本質を探る伊豆の小土豪が源氏嫡流の姻戚となり、ついには武士の頂点に立つ。同輩武士団と血なまぐさい抗争を繰り返しながら自らの権力を確立した北条氏の歴史を活写する。