講談社選書メチエ
仏陀 南伝の旅

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584890
  • NDC分類 182.2

内容説明

インド生まれの仏教は、まず、南へと旅立った。スリランカの石窟寺院と仏歯寺、黄金の仏塔の林立するミャンマーのパガン、タイの暁の寺…すべての故地を踏破した著者が、今なお生活の中に息づく仏陀の思想へと思いを馳せる思索の旅。

目次

第1章 仏陀の出現(ゴータマ・シッダルタの存在;ゴータマに先立つブッダの存在 ほか)
第2章 スリランカの仏教(光り輝く島;セイロン島への布教 ほか)
第3章 ミャンマーの仏教(ビルマの竪琴;仏教の渡来伝説 ほか)
第4章 タイの仏教(黄金の地;仏教伝来 ほか)
第5章 インドシナ三国の仏教(ラオスの仏教;メコン河とプーシー山 ほか)

著者紹介

白石凌海[シライシリョウカイ]
1948年生まれ。大正大学大学院博士課程修了後、デリー大学へ留学、Ph.D.取得。現在、群馬県正泉寺住職。専門はインド哲学、仏教学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

スリランカへ、タイへ…南回りの仏教への旅インド生まれの仏教が南に旅立つ。スリランカ・タイ・ミャンマー・カンボジア。今なお生活の中に息づく仏陀の思想に名跡を辿りながら触れ合う、思索の旅への誘い