講談社選書メチエ<br> ことばと身体―「言語の手前」の人類学

個数:
電子版価格 ¥1,674
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
ことばと身体―「言語の手前」の人類学

  • 菅原 和孝【著】
  • 価格 ¥1,836(本体¥1,700)
  • 講談社(2010/09発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 34pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584814
  • NDC分類 389

内容説明

わたしたちが会話をしているとき、そこではことばだけが交わされているのではない。どんなに些細な、他愛のないおしゃべりであっても、自分の体にさわったり、身ぶりをしたり、ごく短い間があったり、ときには何かを演じたり、身体まるごとつかったコミュニケーションが繰りひろげられている。ブッシュマンの家族、日本の大学生、民俗芸能という多様な会話の現場を、徹底的にミクロに観察することで、コミュニケーションとは何か、社会とは何かという大いなる問いに挑む。現象学、社会システム理論、言語行為論などを参照しながら、徹底的に「身体」に根ざして考える“唯身論”人類学の試み。

目次

序章 言語の手前からの出発
第1章 グイの父子像―あたりまえのことを記述する
第2章 自分にさわりながら話す―日常会話における自己接触
第3章 身体による相互行為への投錨―会話テキストはいかにわからないか
第4章 民俗芸能における身体資源の伝承―西浦田楽の練習場面から
第5章 相互行為から社会へ―「会話の人類学」再訪
終章 唯身論の人類学へ向けて