講談社選書メチエ<br> ギリシア文明とはなにか

電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
ギリシア文明とはなにか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584791
  • NDC分類 231

内容説明

地中海世界は「東」と「西」に分かれている。ギリシア文明は、エジプト・ペルシアなどオリエント「先進国」のはざまのローカルな「東地中海文明」だった。その小さなギリシアが歴史の僥倖によりオリエントを征服し、西洋文明の源泉となる。「自由」と「海」の小さな文明が歴史に残した偉大な足跡を辿る。

目次

序章 地中海の古代―ペルシア戦争前
第1章 ギリシア対エジプト・ペルシア(エジプト・ギリシア;ペルシア戦争;内戦;クセノポン;傭兵)
第2章 アレクサンドロス(ギリシア統一;オピス演説;富と文明;跪拝礼;弟子と師)
第3章 ギリシア対ローマ(東地中海文化圏;カトー;ポリュビオス;「新」「旧」ギリシア;ユダヤ・ローマ・ギリシア)
終章 生き残る文化圏―西と東のローマ

著者紹介

手嶋兼輔[テジマケンスケ]
1946年生まれ。東京大学文学部卒業後、ギリシアへ。在アテネ日本大使館勤務。北海道大学文学部大学院言語学研究科博士課程修了。その間、ギリシア政府給費留学生としてアテネ大学に留学。北海道工業大学助教授、東北芸術工科大学教授を歴任後、現在は北海道で晴耕雨読の日々を送る。専門は西洋古典文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)