講談社選書メチエ<br> ピラミッドへの道―古代エジプト文明の黎明

電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
ピラミッドへの道―古代エジプト文明の黎明

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584753
  • NDC分類 242

内容説明

いったいピラミッドとは何なのか。王墓なのか、そうでないのか。古代エジプト文明と、あの巨大な建築群はいかにして生まれたのか。メソポタミアや地中海世界、ナイル源流アフリカとのインタラクション、サハラ砂漠が緑のサヴァンナであった可能性、王のシンボル図像が物語る動乱と変革の痕跡、ミイラのない石棺、ピラミッド・コンプレックスの構造…大胆な構想と精緻な分析を武器に“文字以前”の歴史を描き出す。

目次

第0章 ピラミッドを語る前に
第1章 ピラミッドへのプレリュード
第2章 ピラミッドの萌生期
第3章 ピラミッドができるまで
第4章 ピラミッド時代の到来―ネチェリケト王と階段ピラミッド
第5章 ピラミッドとは何か?

著者紹介

大城道則[オオシロミチノリ]
1968年兵庫県に生まれる。関西大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期課程修了。英国バーミンガム大学大学院古代史・考古学科エジプと学専攻修了。現在、駒澤大学文学部准教授。専攻は古代エジプト史。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)