講談社選書メチエ<br> 甦るリヴァイアサン

電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
甦るリヴァイアサン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584739
  • NDC分類 311.233

内容説明

現代世界は「万人の万人に対する闘争状態」か?「国家権力」は「悪」なのか?悪名高きホッブズのテーゼの真意を原典に即して解明し、アレント・ネオコン・ネグリ=ハートの思想と対峙させながら、近代政治哲学を切り開いた古典を「希望の書」として読み直す。

目次

第1部 ホッブズの近代性とその意義(世界観の転換―ピューリタン革命と「神の王国」論;社会契約論―自然法と自然権;軍事論―戦争拒否の自由と国家防衛義務;国際関係論―自然法と諸国民の法)
第2部 ホッブズと近代批判者(ホッブズとアレント―必然と自由、義務と愛;ホッブズとレオ・シュトラウス―政治哲学と道徳的基礎;ホッブズとネグリ=ハート―国民国家と“帝国”;ホッブズと希望―ホッブズ思想の可能性)

著者紹介

梅田百合香[ウメダユリカ]
1968年生まれ。名古屋大学法学部卒業。同大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。現在、桃山学院大学経済学部准教授。専門は政治思想史・社会思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

近代政治という「怪物」の正体に迫る

現代世界は「万人の万人に対する闘争状態」か?「国家権力」は「悪」なのか?悪名高きホッブズのテーゼの真意を原典に即して解明し、アレント・ネオコン・ネグリ=ハートの思想と対峙させながら、近代政治哲学を切り開いた古典を「希望の書」として読み直す。

第1部 ホッブズの近代性とその意義
 第1章 世界観の転換――ピューリタン革命と「神の王国」論
 第2章 社会契約論――自然法と自然権
 第3章 軍事論――戦争拒否の自由と国家防衛義務
 第4章 国際関係論――自然法と諸国民の法
第2部 ホッブズと近代批判者
 第5章 ホッブズとアレント――必然と自由、義務と愛
 第6章 ホッブズとレオ・シュトラウス――政治哲学と道徳的基礎
 第7章 ホッブズとネグリ=ハート――国民国家と<帝国>
 終章 ホッブズと希望――ホッブズ思想の可能性