講談社選書メチエ<br> アテネ民主政―命をかけた八人の政治家

電子版価格 ¥1,674
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
アテネ民主政―命をかけた八人の政治家

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584654
  • NDC分類 231

内容説明

「アテネの政治指導者であることの条件を表す言葉を一つだけあげるとしたら、それは『緊張』だろう」(M・I・フィンリー)。数多くの市民が直接政治に携わり、特定の個人に権力が長期間集中するのを極力避ける、という徹底した直接民主政を約一八〇年にわたって安定持続させた古代ギリシア屈指のポリス、アテネ。成功すれば最大限の名誉を与えられ、ひとつ間違えば弾劾裁判で死罪になるという「緊張状態」にさらされながら、政治家であろうとした八人の男たち。その生の軌跡を追うことで見えてくる、古代ギリシア精神の真髄と民主政治の原点とは。

目次

アテネ民主政という世界
名門貴族の時代(僭主の香りする勇士ミルティアデス;一匹狼の策士テミストクレス;貴族のなかの貴族キモン)
弁論術の時代(最後のカリスマ指導者ペリクレス;典型的なデマゴーグクレオン)
英雄不在の時代(民主政復興の英雄トラシュブロス;したたかな名将イフィクラテス)
マケドニアの時代(反マケドニアの闘士デモステネス)
アテネ民主政とは何だったのか

著者紹介

澤田典子[サワダノリコ]
1967年、富山県生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。東京大学助手を経て、静岡大学人文学部准教授。専門は、古代ギリシア・マケドニア史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)