• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
ヒンドゥー教の“人間学”

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584586
  • NDC分類 168

内容説明

本書は、天啓書とされるヴェーダ聖典や、『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』の叙事詩、その他古典文献を参照しつつ、ヒンドゥー教が内部に抱えてきた対立と緊張を構造的に捉えて、そのダイナミズムを描いている。読み通すと全体として、古代インドのバラモン教から、中世そして現代に連なるヒンドゥー教の宗教哲学までの大きな流れが立ち現れる。

目次

第1章 人と絶対者
第2章 人生の四目的
第3章 行為による救済、または戦うヨーガ行者
第4章 神々の愛
ヒンドゥー教と未来―旧版あとがき
あとがき―叙事詩のコード

著者紹介

ビアルドー,マドレーヌ[ビアルドー,マドレーヌ][Biardeau,Madeleine]
1922年生まれ。フランス西部ニオール出身。高等師範学校にて哲学の教職資格を取得。哲学的な興味からインド文法哲学の道に入り、八世紀の学匠マンダナ・ミシュラの哲学研究にて国家博士号を取得。この半世紀で最も影響力のあるインド哲学者の一人に数えられる

七海由美子[ナナウミユミコ]
東京外国語大学フランス語学科卒。マギル大学人類学部博士課程満期退学。ユネスコ日本政府代表部・専門調査員を経て、国際協力に従事。現在、東京文化財研究所特別研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)