講談社選書メチエ<br> パーソナリティ障害

電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
パーソナリティ障害

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584142
  • NDC分類 493.7

内容説明

古代ギリシャ時代にはすでに「背徳的人間」として記録が残るパーソナリティ障害をいかに解釈するかについて、ピネル、フロイト、フロム、カーンバーグら、多数の学者・医者たちが研鑽を積み重ねてきた。そして、アメリカ精神医学会がついに作り上げた診断基準DSM。その基となった「喜び‐苦痛」「能動‐受動」「自己‐他者」「思考‐感情」の極性理論を応用して、境界性、自己愛性、統合失調質など一四に分類。日本人の病理の実態を、豊富な実例で解説した。

目次

第1部 パーソナリティ障害の研究史(性格類型とはなにか;記述的精神医学の勃興;発達論と初期精神分析派;新フロイト派の対人関係論;対象関係論派の登場;DSM革命)
第2部 現代における一四のカテゴリー(発達段階と極性理論;喜び‐苦痛の極性;能動‐受動の極性;自己‐他者の極性;思考‐感情の極性)

著者紹介

矢幡洋[ヤハタヨウ]
1958年、東京都生まれ。京都大学文学部卒業。精神病院の相談室長などを経て、現在、矢幡心理教育研究所所長、西武文理大学講師。臨床心理士・作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)