講談社選書メチエ<br> 善悪は実在するか―アフォーダンスの倫理学

電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
善悪は実在するか―アフォーダンスの倫理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583992
  • NDC分類 150

内容説明

環境の中の存在という視点をもって、近代以降の哲学、心理学で主流をなしてきた認識論と存在論に再考を促すほどの大きなインパクトを与えたアフォーダンス理論。その革新性は、価値や意味を主観の中の観念のようなものから、環境に実在するものとして捉えなおすという、大きな転回を倫理学に引き起こすものでもあった。「善悪は主観的なもの」という現代の常識を乗り越え、道徳の根源を見つめなおす試みが、いまここに始まる!人間の個別性を尊重する、あらたな倫理学への挑戦。

目次

序論 個別の存在を肯定する哲学へ
第1章 アフォーダンス―実在する価値と意味
第2章 生命の規範と社会の規範
第3章 道徳的価値の実在性
第4章 道徳の規範性はどこからくるのか
第5章 法化されない道徳と「直接の共同体」

著者紹介

河野哲也[コウノテツヤ]
1963年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(哲学)。玉川大学文学部准教授。専攻は哲学・倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)