講談社選書メチエ<br> 世界の小国―ミニ国家の生き残り戦略

電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
世界の小国―ミニ国家の生き残り戦略

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583978
  • NDC分類 319

内容説明

ツバルのドメイン名ビジネス、バハマのオフショア金融センター、ルクセンブルクの欧州外交戦略…。大国ではありえない個性的でしたたかな国家運営をする小さな国々。最高の政治的贅沢か、それとも国際社会のお荷物なのか?世界の国家数の二割強を占め、今後も増え続けるであろう小国の魅力と、小ささゆえの有利性と不利性を国際関係論のエキスパートが論考する。

目次

第1章 ツバルという国
第2章 小国の系譜
第3章 小国の誕生
第4章 国際政治のキャスティング・ボート
第5章 グローバリゼーションという逆説
第6章 太平洋島嶼国をめぐる国際政治
第7章 カリブ海と太平洋の小島嶼経済
第8章 欧州の伝統的小国家群
第9章 アラブの小さな首長国
第10章 アフリカ大陸の六つのミニ途上国
終章 小国が拓く新時代

著者紹介

田中義晧[タナカヨシアキ]
1943年生まれ。ニューヨーク州立大学大学院修了、政治学博士号取得。(財)国際開発センター研究員を経て、京都産業大学外国語学部教授(国際関係論、国際開発論担当)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)