講談社選書メチエ<br> 身体の哲学―精神医学からのアプローチ

電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
身体の哲学―精神医学からのアプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583763
  • NDC分類 493.7

内容説明

心と体は別ものではない。互いに交差し合い、しかも他者のからだへと開かれている。拒食症、解離症、境界例などの心‐身に関わる病例に依りながら、「こころ」と「からだ」の問題を根底から問い直す。

目次

第1部 身体という原点(“エス”から始めよう;身体の精神病理学)
第2部 身体の諸相(疎外する身体―拒食/過食症;乖離する身体―解離症;癒合する身体―境界例)
第3部 身体の構造(生のキアスム;時間としての身体)

著者紹介

野間俊一[ノマシュンイチ]
1965年、香川県生まれ。京都大学医学部卒業。ドイツ、ヴュルツブルグ大学精神療法・医学的心理学研究所を経て、現在、京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座(精神医学)講師。専門領域は、精神病理学、心身医学、思春期青年期精神医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)