講談社選書メチエ<br> 「学級」の歴史学―自明視された空間を疑う

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

講談社選書メチエ
「学級」の歴史学―自明視された空間を疑う

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月01日 13時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583251
  • NDC分類 374.1
  • Cコード C0337

出版社内容情報

理想論・タテマエ論への違和感の根源――「学級」という幻想! 我々はどうして席に座って教師の話を聞いていたのか? それは教育の普遍的システムなのか? 〈崩壊〉という事態は何なのか? 近代の発明品〈学級〉の歴史性と限界を暴き、自明視された空間で暮らす子どもと教師を救済する! (講談社選書メチエ)

第1章 「学級」を疑う
第2章 「クラス」の誕生と分業される教師
第3章 義務教育制度の実現
第4章 学校組織の矛盾
第5章 日本の学校はいかに機能したか
第6章 学校病理の解明
終章 変わる学級制――共同体幻想からの脱却


柳 治男[ヤナギ ハルオ]
著・文・その他

内容説明

我々はどうして席に座って教師の話を聞いていたのか?それは教育の普遍的システムなのか?「崩壊」という事態は何なのか?近代の発明品「学級」の歴史性と限界を暴き、自明視された空間で暮らす子どもと教師を救済する。

目次

第1章 「学級」を疑う
第2章 「クラス」の誕生と分業される教師
第3章 義務教育制度の実現
第4章 学校組織の矛盾
第5章 日本の学校はいかに機能したか
第6章 学校病理の解明
終章 変わる学級制―共同体幻想からの脱却

著者等紹介

柳治男[ヤナギハルオ]
1941年福岡県生まれ。九州大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科博士課程修了。教育学博士。九州大学助手、熊本大学助教授を経て、熊本大学教授。専門は教育社会学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すがの

5
05年刊。打ちのめされた思いすらする、名著。イギリス教育史を追うことで、「学級」がきわめて人為的で、システム的なものであることを確認したうえで、現代日本の教育現場・教育論において「学級」を自明視するという陥穽に嵌っていることを強く指弾する。/教育史を扱う学生として、もっと早く出会っておくべきだった書物ではあったが、非常に学ぶところが多かった。現代の、そして明日の社会を構想するためのヒントをふんだんに含んだ、鮮やかな歴史研究(むろん、直接的な「ヒント」を含まない歴史学研究が優れていないという意味ではない)。2016/05/04

Arick

2
僕らが当たり前と思っている「学級」というものの成り立ちから丁寧に追うことで、学級の矛盾を強く指摘している。 「「学級」という事前制御空間は、あえていえば、児童・生徒の自己決定権の剝奪という人権侵害をすることによって成立する集団である。」(P.180) 「身体はあたかも椅子に縛り付けられているかのごとき状態にある生徒に対し、「あなたが主役」と強調することがいかに空々しいことであるか。」(P.193) いやあ、刺激的。ここから考え直すことで明日の教育を生んでいきたい。2016/11/10

富士さん

2
初めて読んだ時にはそんなに感銘を受けた記憶がなく、フーコー先生の焼き増しかな、と思って再読したらべらぼうに面白くてあっという間に通読しました。論旨はとても単純。効率的に知識を詰め込むために作られた機関に全人格的な陶冶を行う共同体を求めているところに学校の宿痾がある、というもの。なぜ学校に行かないと単純に勉強する場所がないだけでなく道徳的な批判までもが加えられるのか、気持ちの悪い仲良しごっこがなぜ強制されるのか、そして、ポルノジャンルになぜ女教師ものがあるのかまで、本書の考え方を使えば明快に理解できます。2015/11/12

ひろ

2
「学級」という、読み書き算盤を教えるマクドナルド的なチェーンシステムであり、生徒に自己抑制を強いて目的とする学びを得ること、また労働者としての教師が生徒に知識を伝達するための効率的手段として形成された組織。だがこれが日本では共同体的な感覚で受容されたため、教師対生徒、生徒対生徒での情緒的結合が重視され、また学習達成のためのプロセスや目標設定ではなく「良い学校」対「悪い学校」といった観念的な二項対立で「学級」「学校」が論じられた。2014/07/08

takao

1
ふむ2022/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/416159

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。