• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
統合失調症あるいは精神分裂病―精神医学の虚実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583169
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0311

内容説明

目の前の何でもない風景が急にまがまがしく見える時。そこからはじまる「病」はいかに進展するのか?いかに回復していくのか?果たして何が「分裂」し、何が「失調」するのか?精神科急性期治療の第一線に立ち続けてきた著者が、従来「精神分裂病」に付随して語られてきた誤謬を論破し、治癒へつながる「病の本質」を解明する講義。

目次

第1回講義 決まり文句を疑う
第2回講義 精神医学に潜む虚妄
第3回講義 急性期医療と「陰性症状」
第4回講義 現実と妄想
第5回講義 妄想の発生と由来
第6回講義 運動が阻害されるということ
第7回講義 取り憑かれるということ
第8回講義 「自我」「自分」「主体」「自己」
第9回講義 何が分裂し、何が統合されるのか

著者等紹介

計見一雄[ケンミカズオ]
1939年東京都生まれ。千葉大学医学部卒業。医学博士。1985年千葉県精神科医療センターの設立にあずかり、今日もセンター長をつとめる。精神医学の中に「精神科救急医療」の領域を開いて実践し、臨床に携わっている。日本精神科救急学会理事長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。