講談社選書メチエ
考える細胞ニューロン―脳と心をつくる柔らかい回路網

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062582414
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0345

内容説明

千億以上の細胞が、一瞬に、中央の指令もなしに協働する―究極の情報処理システム=脳。細胞ニューロンが、記憶・心・知性を生み出す驚異のメカニズムを解き明かす。

目次

第1章 不思議な細胞と回路網(細胞はかしこい;ニューロンと回路網の発見 ほか)
第2章 情報を表現するニューロンの活動(個性的な活動;単一か集団か ほか)
第3章 変化し続けるニューロンと回路網―記憶(回路網は柔軟である;記憶を担うミクロな変化 ほか)
第4章 同じ脳は二つとない―個性と復元(脳は一人一人違う;個性を生み出すもの ほか)

著者等紹介

桜井芳雄[サクライヨシオ]
1953年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程(心理学専攻)中退。富山医科薬科大学医学部教授、ジョンズ・ホプキンス大学心理学部客員助教授、岡崎国立共同研究機構生理学研究所助教授(併任)を経て、現在、京都大学大学院文学研究科教授。医学博士。専門は神経科学と実験心理学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bevel

2
セル・アセンブリというアイデアと脳の常識批判について。「頭固いのはよくない」と、頭かたそうに語るのが、アンバランスでなんか面白かった。2012/10/10

ナオキ

1
脳の仕組みは複雑だけど面白い。人工知能がいくら発達しても、能の柔軟性の再現は難しいと思う。2016/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/29522

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。