• ポイントキャンペーン

ブルーバックス
実践 量子化学入門―分子軌道法で化学反応が見える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062573757
  • NDC分類 431.19
  • Cコード C0243

内容説明

なぜ水素はHではなく、H2になるのだろう?ヘリウムは、なぜHe2にならないのだろう?化学反応のすべての鍵は、電子にある。パソコンで実際に確かめながら理解できる、現代化学の最先端・量子化学の、最良の入門書。高校化学の知識でOK。

目次

第1章 原子の成り立ち
第2章 原子から分子へ
第3章 分子軌道法から求められるもの
第4章 分子の構造を知る
第5章 電子の分布が分子の性質を決める
第6章 分子の色を知る
第7章 化学反応を予測する
第8章 WinMOPACを用いた分子軌道法計算

著者等紹介

平山令明[ヒラヤマノリアキ]
1948年、茨城県生まれ。東京工業大学大学院修了。協和醗酵工業(株)東京研究所主任研究員、ロンドン大学博士研究員を経て、1991年より東海大学開発工学部生物工学科教授、2002年より同大学院医学研究科教授を兼任。理学博士。現在の研究は、医薬品の分子設計に必要なソフトウエアやデータベースの開発、X線結晶解析、コンピュータ化学、バイオ・インフォマティックスなど。有効で副作用が少ない「テーラー・メイド医薬品」を目指している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。