講談社+α文庫<br> 知的複眼思考法―誰でも持っている創造力のスイッチ

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社+α文庫
知的複眼思考法―誰でも持っている創造力のスイッチ

  • 苅谷 剛彦【著】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 講談社(2002/05発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年08月01日 16時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062566100
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0176

内容説明

常識にとらわれた単眼思考を行っていては、いつまでたっても「自分の頭で考える」ことはできない。自分自身の視点からものごとを多角的に捉えて考え抜く―それが知的複眼思考法だ。情報を正確に読みとる力。ものごとの筋道を追う力。受け取った情報をもとに自分の論理をきちんと組み立てられる力。こうした基本的な考える力を基礎にしてこそ、自分の頭で考えていくことができる。全国3万人の大学生が選んだ日本のベストティーチャーによる思考法の真髄。

目次

序章 知的複眼思考法とは何か(知的複眼思考への招待;「常識」にしばられたものの見かた ほか)
第1章 創造的読書で思考力を鍛える(著者の立場、読者の立場;知識の受容から知識の創造へ)
第2章 考えるための作文技法(論理的に文章を書く;批判的に書く)
第3章 問いの立てかたと展開のしかた―考える筋道としての問い(問いを立てる;「なぜ」という問いからの展開 ほか)
第4章 複眼思考を身につける(関係論的なものの見かた;逆説の発見 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件