博愛のすすめ

個数:
電子版価格
¥1,155
  • 電書あり

博愛のすすめ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月14日 11時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062206365
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0010

出版社内容情報

憐憫の情か、それとも、これは「愛」なのか!? 世のバカを憂うだけでなく、温かい視線で見守る博愛主義で偏愛主義な二人の対談集!憐憫の情か、それとも――、これは「愛」なのか!? 
世のバカを憂うばかりでなく、
「愛」ある視線で見守る博愛主義かつ偏愛主義な
二人の対談集!

毒舌の果てに見た新境地。
このロクでもない世界で幸せに生きる知恵。
それが「博愛」――。

これからの社会を動かすキーワードは「愛」。
いつも「世界人類が平和になりますように」と祈っている博愛主義者・適菜収が、
同じく博愛主義である中川淳一郎と、
今こそ必要な「愛」について語りつくした! 

ミジンコだって、アベウヨだって、みんなみんな生きているんだ!

目次
第一章 愛がすべて
第二章 夢から目を覚ませ
第三章 なぜ目に前にあるものが見えないのか?
第四章 愛が届く範囲
第五章 広告代理店が国を破壊する!?
第六章 愛国とは何か?
第七章 テレビと大衆社会
第八章 愛の讃歌
第九章 人生の師匠

第一章 愛がすべて
第二章 夢から目を覚ませ
第三章 なぜ目に前にあるものが見えないのか?
第四章 愛が届く範囲
第五章 広告代理店は国を破壊する!?
第六章 愛国とは何か?
第七章 テレビと大衆社会
第八章 愛の讃歌
第九章 人生の師匠


中川 淳一郎[ナカガワ ジュンイチロウ]
著・文・その他

適菜 収[テキナ オサム]
著・文・その他

内容説明

毒舌の果てに見えた新境地。ロクでもない世の中で、幸せに生きる知恵。

目次

第1章 愛がすべて
第2章 夢から目を覚ませ
第3章 なぜ目の前にあるものが見えないのか?
第4章 愛が届く範囲
第5章 広告代理店が国を破壊する!?
第6章 愛国とはなにか?
第7章 テレビと大衆社会
第8章 愛の讃歌
第9章 人生の師匠

著者等紹介

中川淳一郎[ナカガワジュンイチロウ]
ネットニュース編集者、PRプランナー。1973年東京都生まれ

適菜収[テキナオサム]
作家、哲学者。1975年山梨県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

GAKU

40
最近お気に入りの中川淳一郎氏と、作家で哲学者の適菜 収氏の対談集。博愛主義かつ偏愛主義な二人が愛ある視線で、政治、マスコミ、哲学、B層大衆をゆるーく斬っていく。可もなく不可もなく、特にこれと言った感想はありません。2020/11/06

阿部義彦

22
癖のある二人。中川淳一郎(「ウェブはバカと暇人のもの」)×適菜収(B層の研究)の刺激的対談集です。面白かったです。小見出しだけでも、ざっと。愛国心/小池百合子/SMAP/IT社長/民主主義/電通・博報堂/コメンテーター/自己承認欲求等など。中川さんの人生の師は椎名誠と東海林さだおなんだそうです。何か納得です。メッセージは愛のない場所では働くな!中川さんの尊敬する一橋大の楠木健先生は最後の授業でビートルズの「the end」を流しました。そして歌詞を書く「最終的には与えただけの愛が戻ってくる」良い授業だ!2017/06/25

砂王

6
安いという理由で、好みではないものに合わせていくと自己欺瞞がはじまる。2018/10/28

てながあしなが

3
サクサク読み進めることはできるし、装丁のセンスがいいのでそこは評価できるのだが、この二人の話している内容が「酔っぱらったオヤジたちの放言」感があり、あまり読んでて参考になったりためにならなかったかな…。ずっと気になっていた本なだけに残念…。でも、この二人の組み合わせ自体は面白かった。別テーマならもっと輝くのかな?2019/02/14

オールド・ボリシェビク

2
6年前に読んでいるものの再読。毒舌の果てに真実がある。何でもかんでもお金で説明してしまう時代にこそ必要なのは「愛」なのである。放言のようにも読めるが、違うのだ。保守と右翼の違いを知れ。理性の限界を知れ。行動的なバカほど恐ろしいものはないのだ。2023/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11780895
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。