幸福に死ぬための哲学―池田晶子の言葉

個数:

幸福に死ぬための哲学―池田晶子の言葉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月24日 10時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 122p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062193634
  • NDC分類 104
  • Cコード C0095

内容説明

『14歳からの哲学』の著者が遺した人生を変えるヒント。

目次

人生―何のために生きるのか
幸福―あなたはなぜ満たされないか
愛と孤独―孤独の味わい方
自分―「自分探し」で自分は見つからない
善悪―一切は君の自由だ
世の中―金のもうけ方を教える前に
科学と情報―情報があれば賢くなるか
言葉―言葉が人間を創る
老い―体は人生を渡るための舟
死―終わりではなく、始まり
考える精神―悩むより先に、考えよ

著者紹介

池田晶子[イケダアキコ]
1960年8月21日、東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科を卒業。文筆家と自称する。池田某とも。専門用語による学問としての哲学ではなく、日常の言葉で平易に哲学を語る「哲学エッセイ」を確立して、幅広い読者から支持される。とくに若い人々に、本質を考えることの面白さ、形而上の切実さを、存在の謎としての生死の大切さを語り続けた。『14歳からの哲学』などの著述で話題を呼ぶ。著作多数。2007年2月23日没す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

『14歳からの哲学』の著者が遺した、人生を変えるヒント。時を超え世代を超えて読み継がれる池田晶子の言葉のエッセンスを精選!

悩むな、考えよ。混迷の時代を照らす、ゆるぎない言葉がここにある。
日常の言葉で哲学の核心を伝え、「哲学エッセイ」という新たな分野を拓いた池田晶子氏。累計30万部のロングセラー『14歳からの哲学』をはじめ、その著作は没後8年を迎える今なお、人生を真摯に考える読者から熱い支持を受けて読み継がれています。本書は、池田氏の著作の中から、目まぐるしく移り変わる時代の中で、私たちが物事を正しく考え、よりよく生きるための指針となる言葉を11のテーマ別に精選し、1冊にまとめた「言葉集」です。時を超えて変わらない真理と、人の世への洞察にみちた池田晶子の言葉を、今こそぜひ味わってください。

目次より―
【人生】何のために生きるのか/【幸福】あなたはなぜ満たされないか/【愛と孤独】孤独の味わい方/【自分】「自分探し」で自分は見つからない/【善悪】一切は君の自由だ/【世の中】金のもうけ方を教える前に/【科学と情報】情報があれば賢くなるか/【言葉】言葉が人間を創る/【老い】体は人生を渡るための舟/【死】終わりではなく、始まり/【考える精神】悩むより先に、考えよ……など全88篇

【著者紹介】
池田晶子(いけだ・あきこ)
1960年、東京生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科卒。文筆家。
専門用語による「哲学」ではなく、考えるとはどういうことかを日常の言葉で語る「哲学エッセイ」を確立して、多くの読者を得る。とくに若い人々に、本質を考えることの切実さと面白さ、生死の大切さを語り続けた。2007年2月23日、没。
著書に、『14歳からの哲学―考えるための教科書』『14歳の君へ どう考えどう生きるか』『新・考えるヒント』『41歳からの哲学』『暮らしの哲学』『人生は愉快だ』『魂とは何か さて死んだのは誰なのか』『私とは何か さて死んだのは誰なのか』『死とは何か さて死んだのは誰なのか』『無敵のソクラテス』など多数がある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件