焔火

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

焔火

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062174602
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

昭和初期、東北の寒村で貧しく暮らす主人公・鉄。村八分にされ、いじめぬかれた鉄は、迫害者たちを殺して逃亡する。流浪の日々の中で山の民、川の民、盲目の遊女、破戒僧らと出会う。自然の中で束の間の幸せを味わう鉄に、追っ手の魔の手が迫る―。生きるため、尊厳を守るため、闘いつづける鉄に明日はあるのか?第6回小説現代長編新人賞受賞作。

著者等紹介

吉村龍一[ヨシムラリュウイチ]
1967年山形県南陽市生まれ。高校卒業後自衛隊入隊。地雷埋設や橋梁爆破などの訓練に従事。除隊後、近畿大学豊岡短期大学卒業。小学校で技能士として子供たちと親密に関わる仕事の傍ら執筆。『焔火』で第6回小説現代長編新人賞を受賞。現在は南陽市学校給食センター勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生きることの激しさ、そして哀しさを圧倒的な熱量で描き出す。東北の寒村で、虐げられつづけた男女の運命は? 生命力溢れる傑作長篇

昭和初期の東北の寒村で貧しい狸とりの息子として、侘しい暮らしを送る男。肺病の家系にあり、村八分にされている。そんな彼の唯一の心の慰めは、おミツという村の女だった。盗人の家に生まれ、差別さて続けたおミツと男は強く惹かれあう。しかし、あるとき村長の息子たちに捕らえられ、おミツは殺され、男は村長の息子等を殺して、命からがら川に飛び込み、生まれた村を離れる。逃亡生活の中で男は山の民、川の民、盲目の遊女、破戒僧らと出会う。自然の中でつかの間の幸せを味わう男に、ひたひたと迫る追っ手の魔の手。彼の運命はいかに。