さらば日米同盟!―平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062163170
  • NDC分類 319.105
  • Cコード C0095

出版社内容情報

鳩山退陣緊急出版!
政府・外務省関係者が恐れる禁断の書!

傍若無人なる米国の支配から離脱する時がきた!
●日米同盟は日本をテロとの戦いに巻き込む
●米国の下請けと化した自衛隊
●日米安保体制を求めた昭和天皇の「二重外交」
●対米従属政策は自民党の「党是」
●旧日米安保条約は「密約」だった
●暴かれた日米地位協定の運用マニュアル
●最高裁の極秘資料が示す司法の密約
●米国はどこかで戦争を起こさなければならない
●数人の犠牲と引き換えに千数百人も虐殺した
●「テロとの戦い」の正体
●戦時の情報工作は正当化される
●米国によって決められた日本の国防政策
●米国が警戒した樋口レポート
●アーミテージが明かした米国の本音

内容説明

傍若無人なる米国の支配から離脱する時がきた。政府・外務省関係者が恐れる禁断の書。

目次

序章 いまこそ対米従属から自立すべき時
第1章 国家主導の「対米従属政策」
第2章 日米同盟ありきの外交が日本の未来を閉ざす
第3章 米国は日本を守らない
第4章 戦争を「つくり出す」米国
第5章 「パレスチナ問題」の真実
第6章 日本独自の安全保障政策はあるのか
第7章 自主、自立した安全保障政策を求めて
終章 日本が日米同盟から解き放たれる日

著者等紹介

天木直人[アマキナオト]
1947年、山口県に生まれる。1969年、京都大学法学部中退後、上級職として外務省入省。中近東アフリカ局アフリカ第二課長、内閣安全保障室審議官、在マレーシア日本国大使館公使、在オーストラリア日本国大使館公使、在カナダ日本国大使館公使、アメリカ在デトロイト日本国総領事などを経て、2001年2月~2003年8月、駐レバノン日本国特命全権大使。2003年8月末、外務省を解雇処分となり、その後、評論・執筆活動を続ける。日本ペンクラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。