画集 赤羽末吉の絵本

個数:

画集 赤羽末吉の絵本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月17日 09時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 175p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784062162418
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0771

出版社内容情報

2010年、生誕100年・没後20年を迎える赤羽末吉の初の絵本画集。青年期に渡り住んだ中国大陸の広大な大地に魅せられ、また帰国後には日本の雪景色に湿潤の美を見出し、ふたつの美意識を胸に『かさじぞう』『スーホの白い馬』など、卓越した作品が描かれました。本画集は絶版絵本を含む二百数十点の絵本原画をはじめ、絵本づくりのプロセスがわかる詳細なダミー類、スケッチや写真など、初公開の資料を多数収録し絵本画家・赤羽末吉の全貌に迫ります。巻末には、満州から引き揚げの際に持ち帰れなかった郷土玩具をしたためた巻物を付録として掲載した、豪華な一冊です。

2010年に原画展開催 「生誕100年 赤羽末吉展 ?絵本は舞台だ!?」
 2010/5/12?7/11 ちひろ美術館・東京  2010/7/16?9/28 安曇野ちひろ美術館
 ※展示内容は異なります。

赤羽末吉プロフィール
1910年東京生まれ。20代で旧満州に渡る。勤めのかたわら満州国国展に出品、特選賞を3度受賞。満州国政府の委嘱でチンギスハン廟壁画を制作、また新聞や雑誌に影絵芝居や郷土玩具についての記事を執筆する他、満鉄鉄道総局から『影絵芝居の話』を出版。1947年帰国。アメリカ大使館勤務のかたわら、絵本やさし絵の仕事を始める。「民話屏風」で日本童画会展・茂田井武賞受賞。1961年「こどものとも」58号『かさじぞう』で絵本界デビュー。以後、多数の絵本を手がけ、数々のロングセラーを生み出す。劇作家・木下順二氏との交流が深く、舞台美術も手がける。1962年『日本の神話と伝説』他で小学館絵画賞佳作、1965年『ももたろう』『白いりゅう黒いりゅう』でサンケイ児童出版文化賞受賞、『スーホの白い馬』では1968年サンケイ児童出版文化賞、児童福祉文化奨励賞、1975年ブルックリン美術館絵本賞受賞。1973年『源平絵巻物語・衣川のやかた』で講談社出版文化賞絵本賞受賞。また、それまでの業績に対し1980年国際アンデルセン賞・画家賞を受賞。1982年『絵本わらべうた』でライプチヒ国際図書デザイン展の東独文部大臣賞および金賞受賞、『そら、にげろ』で同展金賞受賞。1989年『おへそがえる・ごん』でライプチヒ〈世界でもっとも美しい本展〉銅賞とライプチヒ国際図書デザイン展銅賞受賞。1990年6月8日没。


赤羽 末吉[アカバ スエキチ]
著・文・その他

内容説明

50歳でデビューし、80歳で亡くなるまでに90冊の名作絵本を生み出した絵本界の巨人・赤羽末吉。その二百数十点の絵本原画をはじめ、スケッチや写真、習作、詳細なダミーなど、初公開資料を多数収録。絵本づくりの神髄がわかる決定版。

目次

日本のすがた
中国・モンゴルの大地
歴史のものがたり
絵本表現のひろがり1 ナンセンス絵本
絵本表現のひろがり2 詩とうた
絵本表現のひろがり3 文学
人と作品

著者等紹介

赤羽末吉[アカバスエキチ]
1910年、5月3日、東京・神田美土代町に生まれる。1928年、順天中学校卒業。1931年、池袋・長崎村のプロレタリア美術研究所へ3か月ほど通い、八島太郎にデッサンを学ぶ。1941年、「瑠璃塔」で第4回満州国美術展特選賞受賞。1959年、「民話屏風」で日本童画会展、茂田井武賞受賞。以後、数々の賞を受賞。1961年、「こどものとも」1月号『かさじぞう』で絵本界登場。1990年、6月8日、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

リラコ

20
子どもの頃『王さまと九人のきょうだい』を読んだ時の衝撃は忘れない。内容もそうなのだろうけれど、絵の力によるものがほとんどだった。 そして『ももたろう』。意志の強い眼差しと、荒削りな輪郭。『かさじぞう』もだ。そしてまた図書館で『スーホの白い馬』と出会い迷いなく読み受けた不条理への衝撃。勧善懲悪ものの時代劇が好きな子どもだった自分にとって、耐え難いけれどこれもまたきっとあることなんだろうと目を開かせてくれた。この本はどこか異国の雰囲気がありながら理路整然とした線も感じさせられるのはなぜか理解できる。2021/02/14

pocco@灯れ松明の火

20
昔話好きにお薦め:昔話の絵は赤羽さん。赤羽さんが独学とは驚。多感な時期を中国で過されたと知り、人物画がモンゴル系にみえていた事も納得。余白や大方あっさり描いた絵。それは豊かな想像を増やし、心の動きまでを想像させようと計ったものと知り、隅々まで絵本の絵を堪能したくなる。想像力を深める絵本の絵は、充分検討配慮工夫を施した結晶だ。絶版となった昔話の挿絵がここに!どうぞ昔話絵本を残して下さい(祈念)2012/06/13

コロナウィルスに怯える雨巫女。

19
《私-図書館》スーホーの白い馬は、やはり 大陸を知る人が、描いてたんですね。赤羽さんの本だと知らずに、たくさん読んでたんですね。2014/03/17

ochatomo

13
和紙コラージュの「お月さん舟でおでかけなされ」について知りたく【再々読】 この画集では地味な青色3枚の紹介だが、実際は若緑・紫・朱色と明るく楽しい 『典具帖という薄い和紙を重ねた画面づくり』『さらに波形紙を足して、波音を感じさせる絵』 “絵本への取り組み方を赤羽末吉は自ら『八方やぶれ』と言っている。構えがなく、一冊一冊その本の主題を生かすよう取り組むからだ。” なお、Wikipediaによると氏の下書きのデッサンから原画を含む六千数百点全てがちひろ美術館へ寄贈されているそう いつか見てみたい2019/10/29

ろくべえ

10
〈読メ〉★★★★★ 図書館で借りましたが、買って時間をかけてじっくり読みたいです。2016/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/602611

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。