本当は恐ろしいアメリカの真実―反面教師・アメリカから何を学ぶか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062156653
  • NDC分類 302.53
  • Cコード C0036

内容説明

天下り、排他的な愛国主義、人種差別、極端な宗教、抗ウツ剤の蔓延、ウォルマート、堕落したニュース・メディア、洗脳ドラマ。夢と希望の国アメリカの現実は落とし穴だらけ!オバマを邪魔する人々、アメリカを蝕む人々。市場原理主義が招いた荒廃と迷走のアメリカ。こんな新自由主義を真似てはいけない!。

目次

日本の失われた10年、アメリカの失われた8年
変わろうとするアメリカの舞台裏
ユナイテッドしていないアメリカ
狂気の沙汰のアメリカ
アメリカの縮図、ウォルマート
社会の番犬をやめたアメリカのニュース・メディア
アメリカのテレビは社会の歪みを映す鏡
それでも夢と希望の国、アメリカ
カナダに立ってアメリカを見れば

著者等紹介

ロウ,エリコ[ロウ,エリコ][Rowe,Eriko]
在北米ジャーナリスト。ワシントン大学国際研究学部非常勤講師。早稲田大学第一文学部、ニューヨーク大学ジャーナリズム大学院卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yooou

9
☆☆☆☆★ 本書はモーフィアスが差し出すカプセルだ。飲んでもう後戻りできない覚醒を経験するか、マトリックスシティーで何も知らず何も感じず平和に暮らすか。本書は単なる入口に過ぎないのだ。2010/04/12

Mik.Vicky

4
昔から言われてきたアメリカの特性が説明してあるが、特段新しいことはなかったように思う。しかしアメリカの物欲・金欲に対するバイタリティは本当にすごい。人の命もなんとも思わず、欲望をストレートに実現していくパワー。それに対峙していく、他国は大変だ・・・反面理解さえすれば行動は読めると思うので、対応しやすいと言えるかもしれない。2018/05/25

AZUKI

4
SSRIの副作用が怖いと思った。2014/05/17

マイケル

3
堤未果著の「ルポ貧困大国アメリカ」を読んだ時の衝撃を思い出す常識が通じない社会。「大統領選のたびに分裂の溝を深める」 親イスラエル政治家の話は「イスラエル(三井美奈)」で指摘の通り。「世界一のキリスト教国家」。人種差別や黒人殺し警官の話は今も同じ。利益最優先の企業。ウォルマートのブラック企業ぶり。抗うつ剤の副作用による自殺。コロンバイン高校銃乱射事件の犯人もSSRI服用。先日読んだ「銃に恋して(半沢隆実)」とも関連。スポンサー企業の言いなりのメディア。「狂気の沙汰のアメリカ」をこれでもかと鋭く指摘し痛快。2020/07/09

Reina

3
アメリカ怖いな~2013/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/381228

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。