• ポイントキャンペーン

汚名―国家に人生を奪われた男の告白

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062151061
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0095

目次

第1章 逮捕前夜
第2章 冷血検事
第3章 戦友・佐藤優
第4章 凍てつく独房の夢
第5章 伏魔殿の住人たち
第6章 手術か選挙か
終章 権力の中枢で見たこと

著者等紹介

鈴木宗男[スズキムネオ]
1948年、北海道に生まれる。拓殖大学卒業。衆議院議員・中川一郎の秘書としてスタートし、1983年、衆議院議員選挙に初当選。その後、防衛政策次官、外務政務次官、衆議院議院運営委員長、北海道・沖縄開発庁長官、内閣官房副長官、自由民主党副幹事長、同総務局長などを歴任。2002年、外務省をめぐる疑惑事件に巻き込まれて自由民主党を離党。同年、斡旋収賄の容疑で逮捕される。勾留中は起訴事実を全面的に否認し検察側の主張と対立したため、衆議院議員としては戦後最長の四三七日間にわたり勾留される。2003年に保釈。2005年9月の衆議院議員選挙では、新党「大地」を旗揚げし、四三万三九三八漂を得て当選。国会議員として復活する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。