喪男(モダン)の哲学史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 318p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784062137768
  • NDC分類 102
  • Cコード C0095

内容説明

プラトンの理想郷はアキバ!?デカルトは「人形萌え」、萌え逃げの達人ゲーテ、ヘーゲルのセカイ系哲学vs.キルケゴールのキモイ系哲学、「乙女化」の先駆者アンデルセン、女に捨てられて「俺萌え」に走ったニーチェ、「国家萌え」で悲劇を招いたナチス、喪男の精神に分け入ったフロイト。偉大な思想家はみんな喪男だった。

目次

序章 喪男とは何か
第1章 世捨て人の出現
第2章 科学の誕生
第3章 恋愛と資本主義
第4章 国家萌えと鬼畜
第5章 喪男の精神に分け入る
第6章 文化は喪男が作り出す

著者等紹介

本田透[ホンダトオル]
評論家、作家。1969年兵庫県生まれ。高校を二度中退後、大学検定を経て、早稲田大学第一文学部哲学科入学(中退)、同大学人間科学部人間基礎学科卒業。出版社勤務後フリーとなる。またオタク総合誌『メカビ』(講談社)のスーパーバイザーも務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

喪男とは……モテない男、ではなく、モテることを拒否する男のこと

こんな人は必読!
●哲学・思想について知りたい人
●人間の知の歴史について知りたい人
●オタク文化について知りたい人
●いまの恋愛資本主義社会に疑問を感じている人
●自分の存在について深く知りたい人