「ひきこもり」だった僕から

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062110723
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0095

内容説明

生きることの不安、家族・人間関係の摩擦、社会的孤立感…。誰の心の中にもあるどうしようもないジレンマ、人生へのおののきを赤裸々に語った感動の書。

目次

これまで(自分へ)(記憶に刻みこまれたこと;やっちゃいけないことをやったような;「か」「か」「か」「か」「か」…;「誰かさんと誰かさん」 ほか)
いま(いまから)(なぜああいう状況におちいったのか;親と子のジレンマ;「甘え」か「炭鉱のカナリア」か;裕福な家だけのこと? ほか)

著者等紹介

上山和樹[ウエヤマカズキ]
1968年、兵庫県に生まれる。中学で不登校、高校中退。大学に進学するも不登校・休学。父親の病死でなんとか卒業はするが就職せず、アルバイトに挫折するうちひきこもりに。2000年3月、三十一歳ではじめて自活。ひきこもりの親の会での発言をきっかけに、それまでひたすら隠しつづけていた自分の体験を生かした活動を考えるようになる。現在は、家庭教師・訪問活動・地域通貨の試みなどをしながら、ひきこもりの問題に共同的に取り組むためのあり方を模索している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。