• ポイントキャンペーン

ヒトのオスは飼わないの?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062099363
  • NDC分類 645.6

内容説明

「一昨年の猫2匹に続いて、昨年は仕事先で出会った野良犬1匹、連れ帰ってしまいました…」これを受け取った恩師が、元旦早々電話してきた。「ネコイヌもいいけれどねえ、君、そんなことより、早くヒトのオスを飼いなさい、ヒトのオスを!!」ネコ6、ヒト2、イヌ1の暮らしって!?ロシア語通訳の仕事先で出会った新しい家族。名エッセイストの犬猫+ヒト騒動記。

目次

犬猫の仲
町一番の美女
雨が連れてきた猫
天国と地獄
台風一過
人類征服の尖兵たち
王子さまは家庭教師
わが家が一番
猫格変化
電話が怖い
猫に似た人
家族旅行
竹林交友記録
全ロシア愛猫家協会会長
ゲンの変貌
金色の目をした銀色の猫
ショック療法
聖家族
双子姉妹の青春
ゲンのいない庭
ノラ
後日談

著者紹介

米原万里[ヨネハラマリ]
1950年、東京生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒業、東京大学大学院露語露文学専攻修士課程修了。’83年頃からロシア語同時通訳を始める。’92年、報道の速報性に貢献したとして日本女性放送者懇談会SJ賞、’95年、『不実な美女か貞淑な醜女か』で読売文学賞、’97年、『魔女の1ダース』で講談社エッセイ賞を受賞