毒きのこ・絶品きのこ狂騒記 - 山の中の食欲・物欲・独占欲バトル

  • ポイントキャンペーン

毒きのこ・絶品きのこ狂騒記 - 山の中の食欲・物欲・独占欲バトル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062098403
  • NDC分類 474.8

出版社内容情報

【内容紹介】
「人知れずたくさん採って、皆に見せびらかして食べたい!」
山に迷うかも知れない、せっかく見つけたものが毒かもしれない、それでもきのこ採りはやめられない!おそろしい中毒の実態と、隣人すらも出し抜くほどのウマイ一品をめぐる男たちのミエ比べ、チエ比べ!

Yはひと風呂浴びて汗を流し、ひとりで好きな日本酒を飲んでいるうちに、はじめて採ってきたきのこを思い出し、ふと試食をしてみたくなった。Kの言葉も気になったが、図鑑には“イグチに中毒なし”とあるし、酒の勢いも手伝ったのか火鉢に金網をのせ、柄の太さがひと握りはある、カサが開きかけのきのこをナイフで削りながら焼き、醤油をつけて食べたら、味にくせがなく、まことに歯切れもよい。
「これはウマイ!Kは俺に採られるのがイヤで、うそを教えたな。もう少しでだまされるとこだった」(中略)
嘔(あ)げるものも下すものもなくなった。のどが焼けるように痛い。ふらつきながら洗面所の水をがぶがぶ飲むと、多少落ちついてきて部屋で横になったが、吐くもののない胃の絞るような空嘔げの痛さに耐えられず、ついに医師に来てもらうことになった。──本文より抜粋