オン!―埴谷雄高との形而上対話

個数:

オン!―埴谷雄高との形而上対話

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月07日 22時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062077156
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

埴谷を興奮させた50歳下の若き女性哲学者。ハニヤユタカ、イケダアキコ、それぞれの固有名で扮装した「よく似た意識」が遭遇して9年。思想史上のエポックともいうべき86年と92年の対話、流浪の処女論考『埴谷論』の決定稿、ほか、この一冊が、埴谷雄高を「難解」から解き放つ。

目次

埴谷家の応接間から
最後からひとりめの読者による「埴谷雄高」論
対話1(1986・秋)―存在の文学
対話2(1992・春)―無の哲学
メッセージ・フロム・ハンニャ
註解『不合理ゆえに吾信ず』

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

63
埴谷雄高を解読するにあたっての参考文献。ああそういうことだったのか、という気づきがいくつもあって、とても勉強になった。教えてくださった読友さんに感謝申し上げます。2017/05/31

Gotoran

48
タイトル『オン!』とはギリシャ語で『存在』の意だと云う。「存在」に関して哲学的在り方が同類の池田晶子が、「自同律の不快」「存在の革命」を語る埴谷雄高について、論評、対談、著書解説を通して紹介していく。“最後からひとりめの読者による「埴谷雄高」論”と題された埴谷雄高論に始まり、2編の対談集[“対談Ⅰ(1986秋ー存在の文学)”、対談Ⅱ(1992春ー無の哲学)”]、“註釈『不合理ゆえに吾信ず』”(埴谷著)他。形而上学的論考で難解ではあったが、興味深く読めた。埴谷の『死霊』を読んでみたい。2017/09/24

miyu

38
「オン」とはギリシャ語で "存在" を意味するそうだ。池田は埴谷を「永久革命者」と呼び埴谷は池田を「異端の哲学者」と呼ぶ。限りなく誤解され批判されることの多い二人が、50歳もの年の差をものともせずに理解し合う存在だったのは私達にもなんて幸運ことか。あの時代に埴谷雄高に平気である意味不躾に斬り込んでゆく若い女性(それも美人で頭が良い)がいたのが不思議だ。埴谷は嬉しくもあるけれど予想外の戸惑いもあったかもしれない。だが池田が埴谷論をめぐって若き頃に長く干されていた間、埴谷は折につけ励ましたという。素敵爺だぜ。2015/11/15

里愛乍

31
私が一生かかっても読み解くなんて出来やしないであろう埴谷雄高『死霊』それを通して「睨まれた」という池田晶子氏との形而上対談である。「存在」「魂」「宇宙」などという言葉を使って真理を考える、言葉にするという行為を埴谷氏は文学で、池田氏は哲学的エッセイにて表現していく。「発明」と「発見」、夢についての「存在論」この辺りのふたりの掛け合いが面白い。文字で説明出来ない、他人に伝えられない、私の「わかる」がここにある、幾度となく読み返している一冊。2020/04/14

solaris

6
哲学的文筆家・池田晶子と思索者・埴谷雄高の対談集。池田による、埴谷雄高論も収録。池田は埴谷に対して、この世界で唯一無二の親近感を抱いているが、他の著作では埴谷のことはほとんど書かない。 認識母体であるところの「私」という、コレは何なのだろう。どの著作にも変わらぬ池田のテーマで、夭逝するまで全くぶれなかった。 そして、形而上学という論理で認識は出来ても表現出来ない「存在」について、埴谷は文学という、物語と暗示の力で錯誤的に表現しようとした。 「自分の頭で考えなさい。」19の頃から変わらぬ精神的な師のままだ。2019/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/396799

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。