講談社文芸文庫<br> 成熟と喪失―“母”の崩壊

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

講談社文芸文庫
成熟と喪失―“母”の崩壊

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年07月06日 07時26分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784061962439
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「海辺の光景」「抱擁家族」「沈黙」「星と月は天の穴」「夕べの雲」など戦後日本の小説をとおし、母と子のかかわりを分析。母子密着の日本型文化の中では“母”の崩壊なしに「成熟」はありえないと論じ、真の近代思想と日本社会の近代化の実相のずれを指摘した先駆的評論。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

54
「第三の新人」の作品の評論。戦後の男性作家の女性観について、明快に記してある。2016/10/19

zirou1984

45
再読。やはりとてつもなく面白い。日本社会は契約ではなく「家族」こそが社会の土台となっているため、家族を描いた文学評論がそのまま社会批評として成立してしまうという二重性が本書の興味深さを引き上げている。「第三の新人」と言われた作家たちの作品を分析することで戦後日本における父(治者)の失墜と母(自然)の崩壊を明らかにし、それは解説で上野千鶴子が言うように「ふがいないふ息子」と「不機嫌な娘」を再生産する。初版は1967年だが、半世紀を越えた今のその批評は有効だと思う。それは日本の近代化そのものが持つ病だからだ。2014/10/12

梟木(きょうぼく)

23
同時代の小説を対象に近代以降「強い父」が不在となった母子密着型の日本社会の内側で「成熟」は如何にして可能か、を問うた画期的な名著。「成熟のために少年は<母>を見棄てねばならないが、代償としてその罪悪感と孤独を一生背負わねばならない」というテーゼは60年代に発信されたものとは信じがたく、その後の中上健次や『エヴァ』の出現、さらにそれらを経て<母>の代理としての美少女キャラがグロテスクに蔓延るようになった今の日本で<成熟>が如何に困難なものか、を思い知る。個々の作品に対する批評眼も確か。深く鋭い思考と射程。2015/04/03

ころこ

19
中盤まで読み進めてようやく分かったことは、著者が日本近代を「自然」だと考えていることでした。第三の新人の小説に色濃く反映される母の影、そこに敗戦と共にアメリカという名の父がやって来る。戦後復興による自然の破壊が母を喪失させることで、ようやく成熟する。たしかに敗戦は大きなインパクトを残し、現在でもその影響から逃れられないでいます。他方で、明治維新のインパクトを無視しているのは何故なのでしょうか。途中、漱石を引いて日露戦争を起点に母性が強くなったことを、責任とやせ我慢の明治と内向と生活が向上した昭和を比較して2018/02/09

ネムル

17
今さら何をか言わんやの心境だが、すごく面白い。保坂を入口に『抱擁家族』の省略とカリカチュアにぶっとんだ身には、江藤の説明による実相もまた刺激的だ。上野千鶴子による反論も良い。第三の新人を中心に描かれる「成熟」の問題は80年頃のモードで消失した感はあるのだが、本作から50年を経た今ではどうなのだろう。2020/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/486162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。