講談社文芸文庫<br> 思い出すままに

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
思い出すままに

  • 吉田 健一【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 講談社(1993/07発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 02時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784061962330
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

著者が好んだアメリカの探偵小説家エリオット・ポール、ワットーの絵より始め、明治の日本、中世のヨーロッパ、中国への時間と空間を自在に行き来しつつ、人間と暮し、自然と環境、風情、豊かさ、夢みることへの考察、歴史への認識等々を“思い出すまま”自在に綴る十二章。人間・文明へのゆるぎなき信念と独自の史観が渾然と融合する吉田健一の批評世界。著者生前最後の著書。

目次

1 エリオット・ポオルという
2 バルザックのContes drolatiquesには
3 ロンドンの国立美術館で
4 本を読むというのは
5 航海というのは昔は
6 今になって昔のことを思い出すと
7 この頃のように自然とか環境とか
8 中共による革命以前の
9 場所の魅力というものが
10 イヴリン・ウォオが自叙伝を書いて
11 我が国では我が国の人間と外国人が
12 早く年取ることが出来ればと