講談社学術文庫<br> ペリリュー・沖縄戦記

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
ペリリュー・沖縄戦記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月10日 10時56分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 476p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061598850
  • NDC分類 936
  • Cコード C0120

内容説明

「戦争は野蛮で、下劣で、恐るべき無駄である」。硫黄島に匹敵する損害率を記録した一九四四年秋のペリリュー島攻略戦、そして四五年春の沖縄上陸戦。二つの最激戦地でアメリカ海兵隊の一兵歩が体験した「栄光ある戦争」の現実とは?敵味方を問わずおびただしい生命を奪い、人間性を破壊する戦争の悲惨を克明かつ赤裸々に綴る、最前線からの証言。

目次

第1部 ペリリュー―黙殺された戦闘(海兵隊員の誕生;戦闘準備;ペリリュー島へ;地獄への強襲;ふたたび上陸作戦;去りゆく勇者たち)
第2部 沖縄―最後の勝利(休息とリハビリ;進攻の序章;執行猶予;地獄へ;不安と恐怖;泥とウジ虫と;突破口;首里を過ぎて;苦難の果て)

著者等紹介

スレッジ,ユージン・B.[スレッジ,ユージンB.][Sledge,Eugene B.]
1923年米国アラバマ州モービル市生まれ。42年に海兵隊入隊。第2次世界大戦に歩兵として従軍。戦後はアラバマ州モンテヴァロ大学で生物学教授。専門は鳥類学。2001年没

伊藤真[イトウマコト]
京都大学文学部卒業。翻訳家

曽田和子[ソダカズコ]
東京外国語大学卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ペリリュー島と沖縄。二つの激戦地でアメリカ海兵隊の一歩兵が体験した「栄光ある戦争」の現実。ドラマ『ザ・パシフィック』の原作。大ヒットのドラマ・シリーズ『ザ・パシフィック』の原作!

「戦争は野蛮で、下劣で、恐るべき無駄である」。
硫黄島に匹敵する損害率を記録した一九四四年秋のペリリュー島攻略戦、そして四五年春の沖縄上陸戦。
二つの最激戦地でアメリカ海兵隊の一歩兵が体験した「栄光ある戦争」の現実とは?
敵味方を問わずおびただしい生命を奪い、人間性を破壊する戦争の悲惨を克明かつ赤裸々に綴る、最前線からの証言。

私はアメリカ第一海兵師団第五連隊第三大隊K中隊の一員として、中部太平洋にあるパラオ諸島のペリリュー島と、沖縄の攻略戦に参加した。
本書はその訓練期間と戦場における体験を記したものである。
(中略)
一人として無傷で帰還することはできなかった。多くは生命を、そして健康を捧げ、正気を犠牲に捧げた者もいる。
生きて帰ってきた者たちは、記憶から消し去ってしまいたい恐怖の体験を忘れることはできないだろう。(本書「はしがき」より)

第1部 ペリリュー――黙殺された戦闘
 第1章 海兵隊員の誕生
 第2章 戦闘準備
 第3章 ペリリュー島へ
 第4章 地獄への強襲
 第5章 ふたたび上陸作戦
 第6章 去りゆく勇者たち
第2部 沖縄――最後の勝利
 第7章 休息とリハビリ
 第8章 進攻の序章
 第9章 執行猶予
 第10章 地獄へ
 第11章 不安と恐怖
 第12章 泥とウジ虫と
 第13章 突破口
 第14章 首里を過ぎて
 第15章 苦難の果て


ユージン.B・スレッジ[ユージン.B スレッジ]
著・文・その他

伊藤 真[イトウ マコト]
翻訳

曽田 和子[ソダ カズコ]
翻訳