講談社学術文庫
楔形文字入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 260p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061597440
  • NDC分類 829.71
  • Cコード C0122

内容説明

エンテメナの碑文、ハンムラピ法典、アマルナ文書。古代オリエントの社会と思想を現代に伝える楔形文字は、どんな構成を持ち、どうやって解読されたのか―。三千年にわたりメソポタミア全域で使用された古代文字の世界を、斯界の泰斗が平易にそして深く紹介。本書は、興味深い解読史と丁寧な言語学的概説で高い評価を得る、最良の楔形文字入門である。

目次

1 楔形文字の解読(解読前史―十八世紀まで;古代ペルシア(第一種)文字の解読
エラム(第二種)文字の解読
バビロニア(第三種)文字の解読)
2 楔形文字の世界(楔形文字のはじまり;楔形文字の構成原理;ニネヴェの図書館;古代人の文字学習)
3 楔形文書さまざま(楔形文字で書かれた諸言語;八ヵ国語による楔形文書の実例)

著者等紹介

杉勇[スギイサム]
1904~89。東京帝国大学文学部西洋史学科卒業。東京教育大学、明治大学、跡見女子大学で教授を歴任。専攻は古代オリエント史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。