講談社学術文庫
哲学の課題―樫山欽四郎哲学論集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 360p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061596368
  • NDC分類 104
  • Cコード C0110

内容説明

「自己は自己の否定において自己自身である」現代に生きる人間の真のあり方とはどのようなものか。教壇から学生たちに熱っぽく真剣に語りかけ、そして魅了する―噛んで含めるような名講義。何よりも哲学を愛したヘーゲル研究の第一人者がカント、ヘーゲル、キルケゴールらの思索の跡を辿り、自らの生きる道を懸命に模索した論考十編を収録する。

目次

序 哲学に課せられた一つの問題
1 ヘーゲルと現代
2 キルケゴール
3 宗教との対決
4 実存と道徳
5 倫理
6 ヘーゲルの道徳論
7 歴史
8 自然について
9 哲学の課題
10 否定の論理

著者等紹介

樫山欽四郎[カシヤマキンシロウ]
1907年、長野県生まれ。早稲田大学文学部卒業。西洋哲学専攻。哲学者。元早稲田大学教授。1977年没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。