講談社学術文庫<br> 宇宙像の変遷

講談社学術文庫
宇宙像の変遷

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 246p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061592353
  • NDC分類 443.9
  • Cコード C0140

内容説明

無限の時間と空間をもつ「宇宙」という概念は、古来、人間を惹きつけてやまない。著者はデモクリトスやプトレマイオスらのギリシャ・ローマの宇宙観から筆を起こし、コペルニクス、ケプラー、ガリレオ、デカルト、ニュートンとつづく天文学の業績を平明に解説。二十世紀のアインシュタイン、ガモフらによる新たな「宇宙神話」ビッグ・バン理論まで、幾多の曲折を経て確立された壮大な宇宙論の歴史。

目次

宇宙とは・宇宙観とは
神話的宇宙像
古代ギリシャの宇宙観
ユダヤ・キリスト教の宇宙観
天文学的モデル―プトレマイオス
西欧世界の成立
ルネサンスの宇宙像
コペルニクスの登場
ケプラーの宇宙観
ガリレオと望遠鏡〔ほか〕