講談社学術文庫<br> 現代思想の基礎理論

講談社学術文庫
現代思想の基礎理論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 414p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784061590526
  • NDC分類 301
  • Cコード C0136

内容説明

「近代」は閉塞した。フランス革命の輝やかしい理想にも拘らず、人間の支配=被支配、差別と排除の構造は温存された。理性は頽落し、人間の管理化は進み、地球環境の汚染が昴進する。どう克服できるのか。その哲学は?方法は?近代主義を踏み超える革命的理論装置としての構造主義=ポスト構造主義に着目し、批判的に検討し、真に豊饒な「トランスモダン」の思想への展望を切り拓く知的生産の書。

目次

プロローグ 思想の現在
1 構造主義
2 記号論
3 マルクス論
エピローグ 世界史の危機的転換期に

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takeapple

10
西洋美学を大学院で研究している人と話した時に、記号論は今でも重要な考え方だと言うことだった。私が学生時代、浅田彰や山口昌男による記号論が流行っていたなあ、構造主義やポスト構造主義の本はだいぶ読んだし、その中でも今村仁司の本は面白かったなあと、再びこれを読んでみた。忘れていることは多かったけれど面白かった。あれも読もうこれも読もうと思ったものは手付かずでいるけれど、もうすぐ定年だし、あの頃読めなかったアルチュセールやエーコとか読んで見ようかなあ、まずは昔読んだ入門書を読み直して行こう。2022/05/14

くらひで

7
現代思想の柱である構造主義、記号論、マルクス主義について、著者が一旦咀嚼して、独自の解釈を加えてわかりやすく解説している。学生時代にタテヨコの関係も分からずに闇雲に読破したり、論文を書いていたりしていた記憶が蘇り、当時本書を読んでいたら、もう少し違った理解ができたかもしれない。本書が出版されてから約25年。その後の変遷も解説してもらいたいものだ。2016/01/20

ぼっせぃー

2
自省のまなざしが厳しく読んでて1歩ずつ確かで良い。残念ながら、今の自分では1章を理解するまでがやっと。アルセチュールの前にマルクスをもっと理解しなければならない。佐々木隆治をたよりに資本論からやり直そうと思う。2020/07/13

sk

1
明晰な論文集。2015/09/19

Yuki

0
すごく読みやすい。やはり塚原史先生との親和性を感じた。2016/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/212785

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。