講談社学術文庫<br> 社会分業論〈上〉

個数:

講談社学術文庫
社会分業論〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 06時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 376p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784061588738
  • NDC分類 361.3
  • Cコード C0130

内容説明

19世紀末、急激な資本主義化がもたらした無規制状態への危機感のなかで、デュケルムは「分業」の機能に着目し、社会変動のしくみを解明しようとした。本書第一編においては、有名な「機械的連帯から有機的連帯へ」という仮説が展開される。分業の発達に由来する連帯は、あたかも有機体のように、人間個人の個性を増大させながら社会全体を発展させるのである。フランス社会学を代表し、現代思想の源流をかたちづくった古典的名著。

目次

第2版序文 職業的団結についての若干の注意
第1版序文
序論 本書が解決すべき問題
第1編 分業の機能(この機能を決定する方法;機械的な連帯または類似による連帯;分業による連帯または有機的な連帯;以上のものについての他の立証;有機的連帯の漸次的優越とその諸結果;有機的連帯の漸次的優越とその諸結果(続)
有機的連帯と契約的連帯)