講談社学術文庫<br> 近代科学を超えて

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
近代科学を超えて

  • 村上 陽一郎【著】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 講談社(1986/11発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2022年08月09日 06時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 227p
  • 商品コード 9784061587649
  • NDC分類 401
  • Cコード C0140

内容説明

幾多の重要な科学的発見が、必ずしも既成の事実に拠るものではなかったことを検証した著者は、進んでトマス・クーンのパラダイム論の成果の上に立って、科学理論発展の構造の分析を本書で試みた。パラダイムとサブ・パラダイム、サブ・パラダイム同士の緊密な相関関係に着目しながら、科学の縦断的(歴史的)=横断的(構造論的)考察から、科学史と科学哲学の交叉するところに、科学の進むべき新しい道をひらいた画期的な科学論である。

目次

1 科学のなりたち
2 科学と価値
3 現代科学の境位
4 科学技術の前途
5 科学の可能性

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カラス

4
再読。昔読んだときは難解だなと思ったが、今読み返すとそこそこ読める。易しく感じるということはないし、すらすら読めるというほどでもないけれど、多少は成長したなあと思った。論旨が難解というよりも、見慣れない用語が多く読みにくいという感じ。内容はというと、大ざっぱに言ってしまえば、科学とは一つの思想である、と。ただ他の思想と違い、現実に対する有用性が異常にある。ただ、それはなぜかという点はあまり書かれていないので、このテーマも追求してほしいと思った。2019/12/09

あんさん

2
「反科学」「反技術」「反近代」という言葉が何度も出てくる。村上先生はそれに賛同してはいないが、本書が書かれた当時の、公害や『成長の限界』や、あるいはオイルショックからくる問題意識が感じられる。現在はIT技術が非常に進歩して、人間のコミュニケーションや世界認識が大きく変化している。村上先生はどのように論じられるだろうか。2020/04/28

nobinobi

2
「客観的で、それゆえにまた普遍的であるはずの自然科学が、実はその根元において、(中略)、深く近代西欧文化圏特有の思想構造に支配されている。」自然科学というと、客観的であり人間の主観が入る余地がないものと考えていた。しかし、本書を読むことで、その根元にはしっかりとした人間の考えがあることを知る。現代の重要な判断基準となっている科学について考えるキッカケを与えてくれる一冊であった。2016/04/21

Minoru Yoshimoto

2
前半の「学生実験」あたりまではなるほどと思えておもしろかった。後半はまわりくどい表現が多く,ついていけなくて何が言いたいのかよく分からなかった。2012/06/12

ふみ

2
地動説も天動説も、「同じデータ」から導き出された理論だった! こんな衝撃的な話から始まる本書。データから理論が生まれるのでない。むしろ、人間の認知を跡付けるためにデータは使われるのだと。科学は結局は神学に立脚しているということを全編通じて畳み掛けてきます。パラダイムシフトは新たな「事実」の発見ではなく、視点をずらすことで生まれるのだと。ゼロベース思考はかくも困難なもの。2010/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/383023

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。