これだけは知っておきたい!機械設計製図の基本

個数:
  • ポイントキャンペーン

これだけは知っておきたい!機械設計製図の基本

  • ウェブストアに40冊在庫がございます。(2016年12月11日 07時33分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 152p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784061565661
  • NDC分類 531.9

内容説明

ほとんど使うことのない細かなルールや例外的な規則は省略して、とにかく基本をていねいに解説した。簡潔な文章とシンプルな図で理解しやすい。製図だけでなく、機械関係の仕事をするうえで欠かせない機械部品・設計・CADの基礎も身につけられる。多数の練習問題で習熟度を確認できる。

目次

1 製図(製図をはじめよう;三面図の描き方―第三角法と第一角法 ほか)
2 機械部品(ねじ;歯車 ほか)
3 設計(加工方法と組立精度を考えた設計;機械材料の性質 ほか)
4 CAD(CADの活用;モデリング ほか)

著者紹介

米田完[ヨネダカン]
博士(工学)。1987年東京工業大学大学院理工学研究科物理学専攻修了。現在、千葉工業大学先進工学部未来ロボティクス学科教授

太田祐介[オオタユウスケ]
博士(工学)。2000年東京工業大学大学院理工学研究科制御工学専攻修了。現在、千葉工業大学先進工学部未来ロボティクス学科教授

青木岳史[アオキタケシ]
博士(工学)。2004年東京工業大学大学院理工学研究科機械宇宙システム専攻修了。現在、千葉工業大学先進工学部未来ロボティクス学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

JISの記載順ではなく、学ぶべき順に大事なところだけを厳選した教科書!すっきり、テンポよく解説。まちがい探しの練習問題付き。「製図の規則は複雑で、覚えることが多い……」
「製図の本はごちゃごちゃしていて読みにくい……」
そんなイメージを変える、いちばん学びやすい製図の教科書が誕生!

本書は、ほとんど使わない規則や例外は省いて、「これだけ知っておけば、まず大丈夫」という基本をていねいに説明する。簡潔な文章とシンプルな図で、重要な項目をひとつずつ理解できる。製図だけでなく、機械部品や設計の基礎、CADの活用についても解説したので、機械関係の仕事をするうえで必要な知識が身につけられる。また、「まちがい探し」などの取り組みやすい練習問題を多数掲載した。

【おもな内容】
Part 1 製図
三面図(第三角法・第一角法)/断面図/寸法記入/寸法公差/幾何公差/表面粗さ/立体図 など

Part 2 機械部品
ねじ/歯車/軸受/キー結合/止め輪/ばね/金属材料と樹脂材料

Part 3 設計
加工方法と組立精度を考えた設計/機械材料の性質/軸受の支持設計/構想図

Part 4 CAD
CADの活用/モデリング/アセンブリ/ドラフティング

付録 これが使ってよい表記法だ!

Part 1 製図
0. 製図をはじめよう/1. 三面図の描き方――第三角法と第一角法/2. 線/3. 断面図/4. 寸法記入/5. 直径・半径の寸法記入/6. 穴の個数・深さ・加工方法の記入/7. ねじの記入/8. 表面粗さ/9. 面取り/10. 溶接/11. 表題欄と部品欄/12. 組立図/13. 寸法公差/14. 軸と穴のはめあい/15. 幾何公差(1)――概要/16. 幾何公差(2)――各種の指示方法/17. 立体図

Part 2 機械部品
18. ねじ/19. 歯車/20. 軸受/21. キー結合/22. 止め輪/23. ばね/24. 金属材料と樹脂材料

Part 3 設計
25. 加工方法と組立精度を考えた設計/26. 機械材料の性質/27. 軸受の支持設計/28. 構想図(1)――イメージを伝える/29. 構想図(2)――立体的な構想図を描く技術

Part 4 CAD
30. CADの活用/31. モデリング/32. アセンブリ――拘束条件と運動/33. ドラフティング

米田 完[ヨネダ カン]

太田 祐介[オオタ ユウスケ]

青木 岳史[アオキ タケシ]