博物館展示論―学芸員の現場で役立つ基礎と実践

個数:

博物館展示論―学芸員の現場で役立つ基礎と実践

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 169p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784061565319
  • NDC分類 069.5

目次

第1章 博物館展示総論(博物館における展示の役割;博物館展示の政治性・社会性 ほか)
第2章 博物館展示の理論(日本における展示の歴史;展示の諸類型 ほか)
第3章 博物館展示の技術(展示のプロセス―企画から終了まで;動線計画 ほか)
第4章 ユニバーサル・ミュージアム(ユニバーサル・ミュージアムの構想;利用者の立場から考える1 ユニバーサル・ミュージアムに必要なこと―さまざまな「見方」・さまざまな「見せ方」 ほか)

著者紹介

黒沢浩[クロサワヒロシ]
文学修士。1987年明治大学大学院文学研究科史学専攻博士前期課程修了。明治大学考古学博物館(後に明治大学博物館)学芸員を経て、2004年南山大学人文学部助教授(2007年より准教授)。現在、南山大学人文学部教授。専門は博物館学、考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

学芸員の資格取得を目指す人のためのカラーテキスト。博物館・美術館における展示の基本と現場で役立つ技術をコンパクトにまとめた。

学芸員を目指す人のためのコンパクトなカラーテキスト。文科省の要綱に沿ったスタンダードな構成でまとめた。博物館・美術館における展示の基本を学べるだけでなく、現場で活かすことができる実践的な技術を多数紹介。

第1章 博物館展示総論
第2章 博物館展示の理論
第3章 博物館展示の技術
第4章 ユニバーサル・ミュージアム