講談社青い鳥文庫<br> パスワード四百年パズル―パソコン通信探偵団事件ノート〈15〉

個数:
電子版価格 ¥594
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社青い鳥文庫
パスワード四百年パズル―パソコン通信探偵団事件ノート〈15〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月16日 22時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 301p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061486577
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

内容説明

別々に旅にでたマコトとみずきだが、なぜか行く先々で、アヤシイ面面があらわれて、パズルの集中攻撃をあびせる。とまどいながらも、ふたりはつぎつぎと解いていくが、最後にだされたのが、400年間解読されていない暗号が書かれた巻物。この超難解な暗号をふたりは解くことができるのか?おまけに「読者への挑戦」パズルが、なんと32も!まさにパズル超満載、ファンおまちかねの「謎」ブック第2弾です!!小学上級から。

著者紹介

松原秀行[マツバラヒデユキ]
1949年、神奈川県に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、フリーライターに。さまざまなジャンルで執筆する一方で、児童文学を書きつづける

梶山直美[カジヤマナオミ]
静岡県に生まれる。1976年、18歳のとき「別冊マーガレット」でデビュー。以来、人気漫画家として、女性誌の連載、児童誌などを手がけ、現在も活躍中

出版社内容情報

400年眠りつづける暗号の謎を解け!  次々と出題されるパズルをクリアーしていくマコトとみずき。最後に出されたのは、400年間誰も解けなかった暗号が書かれた巻物だった。待望の謎ブック第2弾!