講談社青い鳥文庫<br> 人面瘡は夜笑う―テレパシー少女「蘭」事件ノート〈6〉

電子版価格 ¥540
  • 電書あり

講談社青い鳥文庫
人面瘡は夜笑う―テレパシー少女「蘭」事件ノート〈6〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 249p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061486416
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

内容説明

「おねがい、助けて。殺される…。」白い着物の少女があらわれ、蘭に助けを求めて消えた。そして、不思議な力にみちびかれた蘭たちは、山奥の旧家にかくされた、人面瘡の秘密を知る。のろわれた旧家にせまる危機に、蘭、翠、留衣、凛は、どう立ちむかうのか…。おなじみのSFライトミステリー、4人の息もぴったりあって、絶好調の第6弾!小学上級から。

著者紹介

あさのあつこ[アサノアツコ]
1954年、岡山県に生まれる。青山学院大学文学部卒業。『バッテリー』(教育画劇)で第35回野間児童文芸賞受賞。日本児童文学者協会会員、全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人

塚越文雄[ツカゴシフミオ]
1967年、群馬県に生まれる。東京デザイナー学院卒業後、本や雑誌のさし絵などで活躍中。「童画グループほっぷ」会員

出版社内容情報

少女の腕に現れた不気味なメッセージとは?翠が入院した病院で、蘭たちは少女の幻を見る。ただれたその腕に現れたものは……。「人面瘡」にまつわる悲惨な伝説の残る旧家で、蘭たちが醜い人間の欲望を暴く