青い鳥文庫fシリーズ
三丁目が戦争です

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 172p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061486256
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

「戦争ってかっこいいよね!」――なんて思ってる人はいないかな?
この本を読むと戦争の秘密がわかります。小学生から読めて、おとなでも楽しめて、だれもが戦争について考えずにはいられない!
<不思議な面白さがたっぷり詰まったSF短編集>

小学校低学年から読めて、大人まで楽しめる、SF童話を4編収録。あなたは戦争を知っていますか?
それはふつうの生活のすぐ隣にあります。ほら、3丁目のシンスケくんのまわりの世界を見てみよう!
ほかに、石に命をあたえる石、街を破壊しまくる赤ちゃん、宇宙の果てまで飛んでっちゃう子どもたちが大活躍する楽しいお話もあります。




筒井 康隆[ツツイ ヤスタカ]
著・文・その他

熊倉 隆敏[クマクラ タカトシ]
著・文・その他

内容説明

小学校低学年から読めて、大人まで楽しめる、SF童話を4編収録。あなたは戦争を知っていますか?それはふつうの生活のすぐ隣りにあります。ほら、三丁目のシンスケくんのまわりの世界を見てみよう!ほかに、石に命をあたえる石、街を破壊しまくる赤ちゃん、宇宙の果てまで飛んでっちゃう子どもたちが大活躍する楽しいお話もあります。小学初級から。

著者等紹介

筒井康隆[ツツイヤスタカ]
1934年、大阪生まれ。作家。1960年、SF同人誌「NULL」を兄弟で創刊し、作家としての歩みをはじめる。『虚人たち』で泉鏡花文学賞を、『ヨッパ谷への降下』で川端康成文学賞を受賞。映画、演劇、テレビドラマへの出演などでも活躍中

熊倉隆敏[クマクラタカトシ]
1974年、栃木県生まれ。漫画家。2000年、アフタヌーンシーズン増刊に掲載された妖怪漫画『もっけ』が好評を博し、漫画家デビュー
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鴨ミール

20
青い鳥文庫とは思えない内容で、これを読んだ子どもがどういう感想を持つか聞いてみたいと思った。戦闘ゲームに馴染んでる子どもは、なんとも思わないか。2017/08/26

袖崎いたる

14
なんというか「小学校低学年からの筒井康隆」みたいな作品。平和の象徴である青い鳥とオリーヴの小枝を象ったシンボルを掲げる青い鳥文庫に表題作のような戦争と死を扱った作品があったなんて、と驚かされた。それでも戦争が些細な対立が切っ掛けになり、一見祭のような求心性がありながら、それは残酷な現実を招いてしまうのだという含蓄には、この作品が大人が読むに耐えうるものだと感じた。眼球がおにぎりの中にめり込んだり、子供たちの四肢が四散したり…スゴい。ぼくとしては永井豪さんの絵で読みたかったけれど図書館になかったのには残念。2015/10/18

活字スキー

12
キレイな筒井康隆……とは言っても、遠慮なくエスカレートするはちゃめちゃっぷりはいつも通り。控え目なブラックテイストも、大人の立場からするとこどもに読ませていいのかちょ~っと迷いながらも、リアクションが楽しみにもなる。公園をめぐるこども同士のいさかいから町内の大人たちまで巻き込んだ血みどろの抗争にまで発展してしまう表題作はある意味、今こそ読まれるべき。「想像する」ことは人間の最大の武器です。「さあ、いよいよ戦争です」「みなさんのすきなほうを、えらんでください」2015/08/02

あかぽち

11
伏木空ちゃんがチラリと紹介していたので読みたくなり。児童書ではあるけれど、戦争の理不尽さをリアルに書かれてました。凄いラストでした。筒井さんの魅力は児童書でも衰えませんねぇ。2017/01/21

晴れ女のMoeco

5
さすが筒井康隆。児童書もシュール。小2くらいで出会いたい本だったな。きっと衝撃的だったろうけど。表題作→やはり筒井はアンチフェミなんだなーと実感。ま、確かに小学生くらいは女の子って強いよね。私も男の子泣かせたしな。戦争が起こる過程が、子どもにもイメージしやすいだろう。2010/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9755

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。